コーヒーバイオグラフィー

子供の頃、コーヒーに大層憧れていた。
缶コーヒーは20歳以上でないと飲んではいけないと思っていたぐらいだから、とてつもなく大人の飲み物だという憧れが強かった。
あんなに黒くて苦い(らしい)ものを飲めたら、私は大人になったと威張っていいはずだ。

何とかして憧れのコーヒーに一歩でも近づこうと、抜け道を探した。
まずはコーヒー牛乳。

コーヒー牛乳コーヒー牛乳といったところで、それは本当のコーヒー牛乳ではなかった。
なぜなら、コーヒーの代わりが麦茶であったから。
つまりは、麦茶と牛乳を混ぜ合わせた、コーヒーの要素はないけれども色はとにかくコーヒー牛乳、というものである。

ちなみに、飲んでみると意外と味もコーヒー牛乳である。
結局は香ばしければなんでもコーヒーになるのか、と思った。

その次は、本当のコーヒー牛乳。
といっても、コーヒーなんてほんの少ししか入っていない、ほぼ白いやつ。
そんなでも、コーヒーが含まれているという事実はまごうことなき事実である。
これで、ぐっと大人に近づいた。

その後は、インスタントコーヒーにたっぷりのコーヒーミルクを入れたもの。
少し茶色になった。
もちろん、砂糖はたっぷり入れていた。
ものすごい甘いやつ。

それから、だんだん砂糖を抜いてミルクのみ、ブラックのコーヒーゼリー、インスタントのブラック、ドリップのブラック、とレベルアップしていった。
結局今はインスタントのブラックが一番飲みいいと落ち着いたのだが、こう見てみると、各人のコーヒー変遷の歴史と言うのは、それぞれのバイオグラフィーともとれるのである。

高品質の品目の食肉卸
高品質の品目の食肉卸
良質な精肉を厳選して加工・配送する東京の食肉卸業者の公式ホームページ
meat-kimura.co.jp/

«
»