許したり許されたり誤解を解いたり

誰かに許して欲しいと思う時、自分も積極的に人を許そうと思います。
誰かに誤解を解いて欲しいと願う時、自分も何か勘違いして怒ったり不愉快な顔を向けていないか顧みるものです。


そうして、自分を反省したり見つめ直したりしながら、自分を許して欲しいと思っている相手に、それが通じるように願うのです。
それは、恐らく私だけではないように思います。
人から許してもらえないという苦しさ。
勘違いや誤解を解くことができない苦しさともどかしさ。

それらは、自分が実際に経験してみて初めて分かる気持ちなのかもしれません。
それは、どちらも想像以上に悲しいものです。
お互いに、相手を許すことはなかなか簡単ではないかもしれません。
内容にもよると思うのですが、相手に何かされた時それが故意であった場合は、本当に許せなくなるものです。

でも許せないことで一番苦しい思いをするのは、悔しいかな自分です。
そのことが頭から離れないことでいつも不自由さを感じますし、心の安定も手に入れにくいように思います。
それに誤解をいくら説明しても理解してもらえなかったり、話しさえ聞いてもらえないこともあるもの。
そんな時は、絶望してしまうこともあります。

自分も誰かにそんな辛さをさせていないか、多くの方が振り返っている事ではないでしょうか。
そうやって、相手を理解しようとしたり許そうとする愛が生まれるのかもしれませんね。
私は、全ての事を許したい。
誤解して怒っていることは今はないけど、もし起きてしまった時は絶対に話はちゃんと聞こうと思っています。

そして、仲直りしたいと思っています。

食肉卸専門業者
食肉卸専門店だからこそ高品質で安心安全な食肉を納得の卸価格で
meat-kimura.co.jp/

»