昔遊んだ幼馴染との偶然の再会

ひょんなところで、ばったりと再会することもあるものです。
私が出会ったその人は、家が近所で子供の頃からしょっちゅう一緒に遊んでいた女性でした。
昔から大変面倒見の良い姉御肌の女性で、二つ年上。

そんな彼女を、私はとても慕っていました。
彼女の家はとても居心地が良くて、一緒にいる時間は本当に楽しいものでした。
子供の頃の私は実家が嫌いでいつも帰りたくなくて、彼女の家で時間が過ぎるのをいつも惜しんでいたことを覚えています。
彼女は勉強もスポーツも得意で、その上美人でしたから、男性からも女性からも好かれる人だったと思います。
しかし、その分敵も非常に多かったようです。
それでも負けることなく凛としていて、頼りがいのある人でした。
そんな友人と久々に出会った時、私はショックを受けていました。
昔の貫録も自信も消えていて、弱々しくなっていたのです。
それに何より、服装に驚きました。
あんなにお洒落で美しかったのに、時代遅れのスーツを着ています。
今どき肩パットの入ったスーツなど売っていませんが、友達のスーツにはしっかりと肩パットが入っていました。
聞くところによると、たくさん苦労があったとのこと。
この20年余りの間に、人生の過酷な試練に何度も耐えて来たようなのです。
こんな時、どんな言葉をかけたら良いのか迷うものです。
何を言ったところで、他人事に聞こえてしまうことを知っているからです。
結局軽い会話を少ししただけで、連絡先を訊くこともなく別れることになりました。
もっと気の利いた言葉の一つでも言ってあげられたら良かったと、今更とても後悔しているのです。

美味しいラーメン屋さんがある幸せ

ほとんど毎週と言って良いほど通っている図書館ですが、帰りによく立ち寄る美味しいラーメン屋さんがあります。
カウンターとテーブルが3つだけの小さくて古いお店なのですが、私の大好きなラーメンをいつも提供してくれます。

きちっとヘアスタイルをきめた職人のようなおじさんと、恐らく息子であろう男性が一人。
時々、奥様らしき方も店員さんとして働いているようです。
メニューがたくさんあって、お客さんへの気遣いも感じられるようなお店なのですが、私はいつも決まったものを注文しています。
ネギがたっぷりと入ったこってり系のラーメンです。
子供もいつも注文するのは同じもの。
あっさり味の塩ラーメンです。
主人は、その日によって頼むものが違います。
辛い物が好きな人なので、辛いラーメンを注文することも多いのですが、時にはワンタン麺も頼みます。
ここの土地に引越すことが決まった日、贅沢は言わないけど美味しいラーメンが食べられるお店が、一軒あれば良いなと思ったことを覚えています。
ラーメンには不思議なパワーがあって、本当においしければ嫌なことを忘れられたり、疲れが飛ぶこともあるように思います。
ですから、そんなお守りになってくれるようなお店があったら良いなと思ったのです。
ただ、いくら近いと言っても、それを食べる為だけに気軽に行こうとは思えない距離。
いくつか利用できる図書館があるのですが、その中でここの図書館を選んだ時だけ行くラーメン屋さんなのです。
直接お店の方には言いませんが、このお店がここにあることを本当に感謝しているのです。

夏になれば海と太陽
くじ付き暑中・残暑見舞いはがきかもめーる当選番号
現金5万円が当たる暑中・残暑見舞いハガキが「かもめーる」です。抽選結果はもう出ていますので確認を。
www.hpfree.com/takarakuji/jumbo-summer.html
関連:www.immobilier-landes.info

«
»