こんな風に育児をしたい

息子が小学一年生の頃、落ち着きのない性格を治す為に習わせたピアノ教室の先生との出会いは本当に貴重なものでした。
まず、どうしても自分の息子に自信の持てなかった私は、「うちの息子たちも小さい時は同じでしたよ。お母さん、全然大丈夫よ」と、いつでもとびっきりの笑顔で優しく笑いかけて下さる、そんな方でした。

練習嫌いで一週間一度もピアノに手を触れないままレッスン日を迎える息子を、「来てくれたのねー、えらいねー」と必ず褒めて下さり、音符を動物の鳴き方に変えたり、ワークでなかなか上手に音符が書けなかったり色塗りも雑にしかこなせない息子に「よくできましたー」と、出来がどうであれ、やった事が偉いんだよとシールを貼って下さったり、そのスタンスを確固としてブレずに貫いて下さいました。
結果、先生が手を変え品を変え試みて下さった中で、息子は音楽家の出身地や代表曲を言い当てるやり取りが大好きになり、学校の皆が知らない事を覚えている事が自信に繋がり、それまでフラフラと席を立ってしまったり、どこか落ち着かなかった目線がシッカリ合うようになったり、年相応の受け答えもできるようになったのです。
現在も息子はピアノを続けており、六年目に入りました。
先日の発表会では大好きなアーティストの曲を弾けて満足していました。進む道も音楽方面に行きたいと漠然とですが考えているようです。
私も先生のような親でありたいと、六年間同じ事を思うばかりなのですが、人との出会いの大きさを実感しています。

企業で活躍する女性はいるか?
勤怠管理システム
従業員が何人でも、1社定額の75万円!つまり500人でも2000人でも75万円。
biz-work.jp/
関連:www.freebeer1981.com

«