軽い気持ちで紹介したくないと思う

晩婚化とか結婚しない人が増加していると聞くことが多い今、何とか早めに結婚させようと考える人も少なくないのかもしれません。
当の本人よりも、周りの方が一生懸命であることも多いような気がします。

良い縁談の話しを持ってきてくれる人は、昔からいたと聞きます。
このような方がいらっしゃったおかげで、内気で異性と話しがしにくい方も、上手く結婚することができたと何かで聞いたこともあります。
本当に素晴らしい良い存在だと思います。
しかし今、本人が全く結婚する気が無いのに、無理やり話を持ってきて進めたり説教してまで結婚させるのは如何なものかなと思います。
本人が結婚を強く望んでいて相手を探している場合や、誰か良い人がいたら紹介してくれと依頼されているようなら問題無いのです。
しかし、とにかく早く結婚させようと誰でも良いからと言ったら失礼かもしれませんが、そんな感覚で会わせようとする方もいます。
私はこれには強く反対しています。
全員ではありませんが、面白半分でこのようにくつけようとしようとする人達。
私も、こんなおばさんの餌食になってしまったことがあります。
男性を紹介するのに、何度も「ごめんね」を連発するのはどういうことでしょうか。
職場の先輩は何を求めて、私にその男性を会せようとしていたのでしょうか。
それが、今もモヤモヤしたまま心の隅に残っているのです。
私は、誰かにやみくもに紹介するようなことはしません。
お願いされた時に、一度だけ紹介したことがあります。
もちろん、本当に優しくてステキな男性です。
自分が嫌な思いをしたからなのか、軽い気持ちで紹介することを許せないのです。

タイムカードも使いよう
労働時間を勤怠管理で適正化
従業員の勤務時間の掌握や有給の取得状況、サービス残業の実態など一元的に管理できるシステム
biz-work.jp/
関連:www.empreinteeternelle.com

«