子どもの頃の習い事

子どもの時分に何かしら習い事はしている子が多かった。
私も例外なく、習い事はしていた。
ピアノ、習字、そろばん塾に英会話、学習塾と日々忙しく過ごしていた気がする。

その中で最も長くやっていたのがピアノで、3歳の頃から高校卒業するまで15年ほどやっていた。
15年もやっていれば、それなりに弾けるようにはなる。
弾けると楽しいという良い循環が生まれ、いまだに電子ピアノではあるが弾くことがある。
今でも音楽は大好きだし、中高の部活では吹奏楽部にも入っていたおかげでピアノだけでなく楽器を演奏するという事自体が大好きだった。
けれど、自分で望んで習いに行こうと思ったわけではない。
姉が習っていたから、ついでに私もという流れであった。
嫌で嫌でしょうがないという事はなかったけれど、最初のうちはあまり進んでピアノに向かうことはなかったように思う。
楽しくなってきたのは簡単な曲でも弾けるようになったときだ。
先生に褒めてもらえるのがとても嬉しかったように思う。
それから練習に打ち込むようになったし、音楽そのものが好きになっていった。
残念ながら私にはピアノに突出した才能というのはなかったので、その先を目指すということはなかった。
家族はそちらに進むのではと思っていたらしいとあとになって聞いたときには、少し苦笑してしまった。
私程度の人はそこら中にいる。
習い事はいろいろやっていたけれど、いままで続けていられているのはピアノくらいなものだ。
習字は習っていたけどさほど字はうまいわけではないし、そろばんはやっていたけど結構数字に弱かったりする。
英会話も、何ともかんとも言えないし、学習塾は大学受験は第一志望には受からなかった失敗組だ。
将来自分に子どもができなたら、やらせたいと思うのもピアノだ。
ピアノでなくてもいいが、楽器は何かやって欲しいと思っている。

楽しい職場なので通勤も苦にならない
勤怠管理ソフト
給与連動の就業管理・勤怠管理システムの紹介ページ。三六協定チェック機能も備えています。
biz-work.jp/
関連:www.inmoboulevard.com

«