SNSにはまる人とそうでない人

今時代、SNSでのコミュケーションというのが当たり前になり、私も多少そういったものに手を出している。
共通の趣味を持った人とのつながりができたりして、それなり楽しいしんでいるし、特に不満があるわけでもない。

しかし、そのサイトに寝ているとき以外はずっとと言っていいくらい常駐している人というのをたまに見かけることがあるのだが、何がいったい彼らをそうさせるのか単純に疑問でもある。
私自身がライトな使い方をしているだけなのか、そちらが当たり前なのかはそれは個人個人の利用の仕方の違いで、いけないとは思わない。
それだけいっぱい言いたいこと、伝えたい事などがたくさんある人なのかな、とも思う。
何かしらアピールしたいのだろうと、直接本人に言うことはないけれど、そう勝手に解釈している。

私自身どうしてSNSを利用するに至ったかというと、単純に友人からの誘いだった。
その人に誘われなければ今でもやっていない。
逆に言うと、誘われなければそこで新たに知り合えた人たちとも知り合えなかったのだから始めて良かったと思っている。

けど、そこで知り合った人たちとはほどほどのつきあい方だろうと思う。
私にとってそこまでリアルな人間関係ではないのだ。
そこにもちろん人は居て、会話はしているのだけど近くは感じない。
かといってすごく遠いというわけでもない。
距離感が微妙な関係性だと思っている。

それはリアルな友達とのSNS上でのやりとりと、そこで知り合った人たちとやりとりに私自身の温度差があるのだ。
だから、ドはまりしている人たちを見ると不思議に思ってしまうのかもしれない。
今後私がそうなることはないだろう。
なにごともほどほどにがちょうどいい。

«
»