すみませんの五文字

電車内でも歩行中でも人とぶつかったらすみません、人の間を通りたくてもすみません、便利なこの5文字が言えない人が多い。
私も彼らと同じ日本人だし、言えない感覚はわかるのだが、ほんのちょっとの一言、言ってはくれないだろうか。
それだけで気分が違う。

「すみません」だけでも「通ります」でもいい、なぜ発することができない人が多いのだろうか。
アメリカ人なら言うだろう。
見知らぬ人にだって話しかけてもいいはずだ。
無言で人の隙間を押しのけて進んで行くような人には皆少なからず不満を抱いている。
そこに一言があるかないかで周りの人間の反応は大分違うはずだ。
さて、私は日本人相手にはそういうことを言える人間なのだが、外国人相手にも同様にできるかと言ったらそうではない。
少し躊躇してしまうことがある。
人のことを言っておいてこれである。
一言言えない日本人と見知らぬ人とも目を合わせて会話するアメリカ人がいるとして、私はその中間だろうか。
中途半端だ。
きっちり目を合わせて誰に対しても恐れず会話ができる日というのは来るのだろうか。
私もようやく社会に出たことで、だんだんとビジネス上の相手やお客さんなど初対面でもきちんと話さなければいけないようになった。
だが、きちんと準備したときとか自信がある商品があるとき以外はやっぱり弱々しくなってしまう。
面と向かって話すときにそうなってしまうのは昔からである。
ただ前述のような街中で出会う全く知らない人達に対しては、普段から飲食店やコンビニの店員さんにも話しかけるような人を演じることで自分を騙し「すみません」「通ります」を言えるようにしているのだ。

«
»