コーヒーや紅茶の時間を贅沢に

以前は、食後や何か飲みたいと思った時は、コーヒーを飲むことが多かったのですが、今は紅茶を飲むことの方が多くなってきています。
正直、私は紅茶の味の違いについてはあまり分かりません。

しかし、ほっとできる飲み物であることはわかります。
お店で紅茶を注文すると、可愛らしいカップに入った紅茶が出されるところもありますし、ポットに入った状態でカップと一緒に持ってきてくれるところもあります。
私的には、ポットに入った状態で出されるとテンションが上がります。
お砂糖も可愛らしい物を出してくれたり、凄く贅沢な気分にしてくれるのです。
コーヒーはいつもブラックで頂く私ですが、紅茶であればお砂糖を入れて甘くしてから頂きます。
主人はきまってコーヒー。
どこに行っても何を食べた時であっても、コーヒーを飲んでいるような気がします。
二人とも甘い物に目がないので、いつもこうやってドリンクとケーキを注文して時間を過ごしていました。
お気に入りのお店もあって、何度も行ったことを覚えています。
今はもう無くなった懐かしいお店です。
一体どんなことを話していたのか全然覚えてはいないのですが、いつも楽しかったことだけは覚えています。
人生は長いです。
色んなことがあって、そこから逃げられなくて苦しむこともあるけれど、美味しいコーヒーや紅茶を飲んで乗り切りことができるかもしれません。
だから、ちょっと贅沢に丁寧にコーヒーやお茶の時間を味わいたいと思うのです。
主人はあまり仕事のことを言う人ではありませんが、美味しいコーヒーで元気になってくれれば良いなと思います。

人生経験豊富な高齢者の話しを聞く

どんなに自分が経験豊かで、色んなことを知っていたり成功した実績があったとしても、やっぱり人間を長くやってきた方には勝てないのではないかと思っている今日この頃。

70歳、80歳、90歳になった方の話しの中には、本当に深いと感じさせる何かがあります。
私は、成功したと自信を持って言えるような生き方はしてきていません。
しかし、色んな経験はさせてもらってきたと思います。
そんなこともあって、つい傲慢になりがち。
誰かと話していても、相手の話を聞いてついその程度のことで甘いと思ってしまうことも無いわけではありません。
自分はもっと、大変な経験を超えてきたと言う自信からでしょう。
しかし、そこが反省すべき点であることも知っています。
どうしたことか、昨年あたりから私の周りで急激な変化が起こりだしています。
突然のトラブルや、自分では何ともできないようなハプニングなど、初めて経験するようなことがたくさんありました。
始めてということは、どのようにしたら良いか分からないということ。
そんな時、経験豊富な高齢者の方のアドバイスに救われたこともありました。
その時初めて、やはり年齢を重ねてきた方には勝てないと思ったのです。
そこには、ゆとりと優しさが溢れています。
全ての方がそうではないかもしれませんが、助けてくれる方の眼差しは皆温かく感じられたのです。
きっと、今私がぶつかっているような壁も、もっと大変なことも乗り越えて来た方々なのでしょう。
何か、とても大切なことを発見したような気持ちになりました。
高齢者の方の話しはもっと聞くべきだと、本気で思いました、

めで鯛日の丸の扇子
年賀状の発売日
お年玉くじは年賀はがきの楽しみの一つ。当せん番号のチェックはコチラのサイトで。ジャンボ宝くじ情報も参考に。
www.hpfree.com/nenga/
関連:www.immobilier-landes.info

«
»