時間とお金

「時間をお金で買う」というのは昔からされている言い方だ。
日本全体が貧乏な時代には考えられなかったが、経済発展し、お金も充分に持つようになり、分刻みで働いたりしている内にお金より時間が大事という考え方ができた。

私はまだほとんどそういう考え方ができていないので、安いものを探すのに時間をかけてしまうということがよくある。
最近も友人から、「安く抑えるために、すごい労力を割くよね」を批判混じりに言われた。

それが「労力」の場合はまだいいと考えている。
面倒くさくて苦労はしても、時間をそれほどかけずに安いものが手に入るならばやる価値はあるのではないかと思う。

本当にお金が無いときには、10円安いものを探すために10分以上も走り回ることがある。
よく、その時間仕事すればそれ以上稼げるだろうという話があるが、現実には都合良く仕事ができるわけではない。

今はクラウドソーシングや在宅の勤務ができる環境にあるから、少し高いものでも時間がかからずに手に入るのであれば、空いた時間で仕事をして埋め合わせるどころか金銭的にプラスになるという状況になった。
ただ、長い間安いものを探すというスタイルが身に付いてしまったためになかなかシフトできないというところではある。

色々足を使って、インターネットを駆使して安いものを探し続けた経験で何をどこで買えば安いかや、知らなければ通常の値段だが少し工夫すれば大きく得をするというようなものも知ることができてよかった。

まだ少し「時間」がかかりそうだが、むやみに安いものを探しまわらずにトータルで得をするような暮らしができるようになりたい。

«
»