教育

こんな風に育児をしたい

息子が小学一年生の頃、落ち着きのない性格を治す為に習わせたピアノ教室の先生との出会いは本当に貴重なものでした。
まず、どうしても自分の息子に自信の持てなかった私は、「うちの息子たちも小さい時は同じでしたよ。お母さん、全然大丈夫よ」と、いつでもとびっきりの笑顔で優しく笑いかけて下さる、そんな方でした。
“こんな風に育児をしたい” の詳細は »

教師という職業

個人的になりたくない職業の中に教師がある。
私は人にものを教える事のできるような立派な人間でもないし、仕事自体大変そうなイメージもある。
それに子供の頃から学校の先生たちを見るに漠然と自分には無理だなと思っていた。
そもそもなろうという考えが端からなかったのだ。

“教師という職業” の詳細は »

志望校と入学校

先日ネットのニュースでも今年の高校3年生はゆとり世代最後であり、来年からは範囲が広がるために浪人できないというような記事を見かけた。
なんだかとても大変そうだと当人には申し訳ないがとても他人事のようにそのニュースを受け止めていた。

“志望校と入学校” の詳細は »

英語教育の間違い

「日本の英語教育は間違っている」何度となくこの話を色んな人にしてきた。
多くの人が中学校、高校、大学と最低でも7年間程度の期間学んでいるのに喋ることができない。
まあ実際の授業時間を合わせても1年にも満たない時間だからしょうがないとかいう意見も聞くが、そういう問題ではない。

“英語教育の間違い” の詳細は »

家庭教師心得

例に漏れず大学生の時に家庭教師のアルバイトをした経験は、今でも自分より目下の人と接するときの指針となっている。
大学1年の秋頃から始め、大学院時代も含め結局5年半ほど続けた。
教えた生徒の数は10数名で、今でも連絡を取っている子もいる。

“家庭教師心得” の詳細は »