食肉卸

何となく食べている家庭の味

今日、主人がコロッケにソースをかけていました。
私は醤油派です。
うちではお互いどちらかが妥協しないように調味料は各自自分でつけることにしています。
なので、私たちの子どもは醤油でもソースでもどちらでも食べられるようになりました。

“何となく食べている家庭の味” の詳細は »

目に見えない健康

健康優良児と言われた私が生活の全てを健康に関わる対象として捉えるようになって分かったことは、「認識」されていなかった世界があるということだ。
例えば、あなたはカビに対するアレルギーを持っているだろうか。
持っていないのであればきっとカビは黒い、汚い物質というくらいのものだろう。

“目に見えない健康” の詳細は »

コーヒーバイオグラフィー

子供の頃、コーヒーに大層憧れていた。
缶コーヒーは20歳以上でないと飲んではいけないと思っていたぐらいだから、とてつもなく大人の飲み物だという憧れが強かった。
あんなに黒くて苦い(らしい)ものを飲めたら、私は大人になったと威張っていいはずだ。

“コーヒーバイオグラフィー” の詳細は »

リーダー制の禁止

私はリーダーを決め、それぞれに役割を与え話合いを進めるようなやり方は嫌いだ。
別にリーダーなんていなくとも話はできるはずだし、議論もスムーズに進む。
グループを作ったからリーダーも作らなきゃいけないなんて思考停止である。

“リーダー制の禁止” の詳細は »

ドラマの続編映画

毎週楽しみに見てきたドラマの最終回。
どんな結末になるのだろうかと、楽しみに見てきてエンディングテーマに乗せてスタッフロールが流れる。
面白いドラマだったな、と思っていたら最後の数十秒で、実は本編では解決していなかった!
それからの「劇場版決定!!」と銘打たれたCMが入る。

“ドラマの続編映画” の詳細は »

偉そうな人間

世の中には偉そうにしている人がいて、仕事か何かでたまたま出会った日には、帰りしなに色々と考えてしまう。
よく他人に対してそういう態度をとれるなというのが1番の感想だ。
私は死んでもできないという風に思ってしまう。

“偉そうな人間” の詳細は »